高蔵寺ニュータウンの東北部、高森台には
ニュータウンの創成期より何も利用されていない80000uという広大な県有地が残されていました。

2012年ようやく、その一部に高齢者福祉施設の建設が決まり、住民説明会が行われたのですが、
その時点でもまだ約70,000uの土地が残されることを私たちは知りました。
そこで、残った土地の有効利用を提案する会を立ち上げたのです。
それが「
高森台県有地の活用を提案する市民の会」です。

以来、様々な形で市民(住民)の声を愛知県と市に届けるほか、
行政との協働をするための勉強会なども行ってきました。

その間に、知的障がい者福祉施設も建設されました。
弱者とともに、生活できる場所が増えることは喜ばしいことと思いました。
2016年3月に愛知県は地域包括ケアモデル構想をとりまとめました。

そこで「市民の会」はこの状況の中で出来る具体的な活動として、
市民の企画、運営、維持管理による高蔵寺ニュータウン 桃源郷プロジェクト」を始動させたのです。

それは、春日井市の考える「高蔵寺ニュータウン未来プラン」に沿う形での
持続可能な具体的なまちづくりです。
このプロジェクトは「コミュニティガーデン」の手法で進めます。
環境を守り、自分たちのまちは自分たちで創り上げ、次世代に引き継ぎたい。
市民・地域住民・地元企業、そして行政、みんなで進める「市民発」のプロジェクトです



これまでの 活動

                          

お問い合わせ:「高森台県有地の活用を提案する市民の会」事務局 
TEL 0568-94-0119(藤城)