「白川郷 2軒」  寺島靖夫                      
 ◆ハナモモの植栽希望者募集中!◆

 第2回ハナモモ育樹祭の日程
  2月17日(土) 10:00~14:30 雨天の場合翌日18日
  植栽時間  ① 10:00~  ②10:30~  ③11:00~

   軽食・阿智村の物産販売もあります。
   お楽しみタイムは、12:45~
     ・阿智村のビデオ上映   ・ギター演奏
     ・モンゴルへの地域支援のお話

 植栽希望者は090-3956-8325(林)までお申し込みください。
   
 第2回ハナモモ育樹祭の詳細は
         育樹祭チラシ(PDF) 画像
   

◆庄内川べりで支柱用の竹の切り出し◆               
2018年1月14日
 前日の雪が残る14日の午後、庄内川の川べりで、ハナモモの苗木の支柱として使用する竹の切り出しを行いました。
 運搬用の軽トラックを提供してくださったSさんも作業をお手伝いくださったこともあり、総勢12名の参加。お陰で、1時間余で伐採から切り揃え、後片付けまでの一連の作業は終了。
 その後はいつものティータイム。
仕事の後で体も温まっていたせいか、寒さもあまり感ずることなく楽しいひと時で、2月の育樹祭に向けて、みんなの心が一つになりました。         

        
       ◆春花壇、準備完了!◆
                  12月1日(金

 秋の花壇を彩ったコスモスを抜き取るのは忍びない状況だったアプローチ横の花壇スペース。でも、春花壇の準備も急がれました。
 今年はチームメンバーが
9月に播種をして、ポットで苗の成長を見守ってきました。ところがヒマワリのようには育たなくて、やきもきしながらの苗育てをして、何とかこの日を迎えることができました。
 12月1日。チームメンバーの手でカスミソウ・マラコイデス・ネモフィラ・ノースポール・紫花菜・そして菜の花にキンセンカ・・・。たくさんの春の一年草を植えました。
 抜き取ったコスモスの中には、まだ綺麗な花をつけていたものもたくさん。それらは居住者さんのお部屋に飾っていただこうと、「どんぐりの森」さんに貰っていただきました。
   ◆北側斜面に、低木樹128本を植栽◆
              11月26日(日) 

 「どんぐりの森」の北側斜面に花桃を植樹してから10カ月。いまハナモモも休眠をし始めています。 
 この斜面、ハナモモだけでは寂しいと考え、皆さんから頂いた「花咲か基金」を使って低木樹128本を買い、植栽をしました。
                        
 いつの日か、レンギョウ・ユキヤナギ・ヤマブキ・ツツジ・サツキの5種類の花たちがハナモモと競演してくれることを期待しています。 そして道行く人を楽しませてくれることも。
             
 
 
 プロの力をお借りしての植栽作業は、プロジェクトチームの頑張りもあって午前中には完了。 
 この日、にこにこ造園さんのスタッフとして来てくださったのは松野社長と、モンゴルからの研修生ハシャさん。日本語はほとんど通じなかったのですが、穏やかな笑顔が素敵な若者でした。ちょっぴり国際交流もできたかな?と思えた植栽活動でした。

                     
         ◆北側斜面、秋の草刈◆
     
エンジン付きの草刈り鎌で効率アップ (10月27日)

 雨にたたられ延期になっていた草刈りも10月27日にようやく行うことができました。春日井市からエンジン付きの草刈り鎌を借りての作業はおっかなびっくり。それでも男性陣の活躍とエンジン付きのパワーで効率はアップ。あの広い斜面も短時間で刈ることができました。
 作業で気を使うのは飛び石での事故。これを防ぐために、メンバーの一人が防止ネットを手作りしてくれました。お陰で安心して作業ができたことも効率アップに繋がったとおもっています。
 
   ◆コミュニティガーデン秋の章のはじまり◆
       コスモスが咲き始めました


 ヒマワリの後にコスモスを咲かせようと種まきの時期を調整し、7月末に蒔いたものが10月に入りようやく花壇で花を咲かせ始めました。写真は10月13日に撮影したものです。「どんぐりの森」の前の道を通りかかるようなことがありましたら、ぜひご覧ください。
                                            最初は思うように育たず、ヒョロヒョロのコスモスに支柱を立てたり、ハラハラしながらの子育て(?)でしたが、もう心配はありません。いよいよ 「コミュニティガーデン」秋の章のはじまりです。


 アプローチ沿いの階段状花壇のコスモスは、まだちょっと寂しい状況。
 近いうちに入り口のメイン花壇も綺麗に咲き揃うと思います
見ごろになったら、写真を掲載します



◆「高蔵寺ミュージックジャンボリー」に出店!

            
(10月8日)
 ケヤキが色づき始めた都市緑化植物園で、”まちのエキスパネット”主催の「高蔵寺ミュージックジャンボリー」のファイナルが開催されました。市民の会も2013年から連続で出店してきました。これまでは会のことを知っていただくことがメインでしたから、県有地の大きな模型を来場者に見ていただいたり、チラシを配ったりするのが中心でした。
 毎年同じでは面白くないので、今年は阿智村(南信州)の物産を仕入れて販売しました。試食を用意をしたところ、ブースは大いに賑わいました。市長さんも立ち寄ってくださり、お菓子を試食してくださいました。

 阿智村の伝統野菜である清内路カボチャを使った「星ふるさとの恋するカボチャ」や「白樺の大地」、そして「野沢菜しぐれ」など3種類を用意したところ、ほぼ完売。募金箱に「志金」を入れてくださる方もあり、販売収益とともに活動資金にさせていただきました。
ご協力くださった皆様、ありがとうございました。

 試食をしていただきながら、阿智村との連携のこと、ハナモモの植樹リレーのことなどをお客様に聞いていただき、「桃源郷プロジェクト」のことを、お伝えできたのは何よりの収穫でした。
 
 
 市長さんと記念撮影。「応援しているから、頑張ってね」の言葉に、スタッフ一同さらにやる気が増しました。
 最後にはお菓子も買ってくださった市長さんです。市長という立場ではなく、一人の市民としての協力に感謝しました。