「高蔵寺ニュータウン桃源郷プロジェクト」とは     


 現在、高森台県有地では社会福祉法人などの施設の建設が進んでいます。
これらの施設群周りを手始めに、いつの日か県有地の周囲全体をハナモモで縁取り、華やぎのある「桃源郷」を創り上げて高蔵寺の名所にしようというのが「桃源郷プロジェクト」です。
 
 桃源郷のモデルは長野県阿智村「花桃の里」。かつては荒涼とした過疎地でしたが、今では隣接した「はなもも街道」と合わせて1万本が咲き誇る「伊那の桃源郷」と称されています。
 ルーツは福沢桃介がドイツから持ち帰った3本の苗。その美しさに魅せられた人が次々に苗を移植し、周囲に広がっていき、「平成の花咲か爺」こと渋谷秀逸氏の手で阿智村が日本一と称されるまでになりました。
 この一連の「植樹リレー」を高森台県有地へつなげようと、市民の会では、2016年からその準備を始めました。

 2017年2月には「第1回ハナモモ育樹祭」、そして2018年には第2回目を開催。
2年で合計180本の苗木を市民・地域住民の皆さんとともに植えました。植樹した年の春には、小さい苗木ながら花が咲き、未来の桃源郷を夢見ることができました。
 このプロジェクトは、5年・10年後の景色を楽しみに、市民のみんなで創り上げていくものです。
 一方、ハナモモの植栽後の5月には、誰もが関わりやすい事業として
「ヒマワリ里親大作戦」も開催。
                                      
 市民・行政・企業で力を合わせて創り上げる「ハナモモの咲き乱れる桃源郷」こそが、高蔵寺ニュータウンの未来に繋がると信じています。一人でも多くの人とともに、このプロジェクトを進めたいと考えます。


桃源郷プロジェクト 活動場所


2017年〜2018年 高森台県有地の一角「高齢者福祉施設 どんぐりの森」周囲
2019年以降、県有地の周囲を順次ハナモモで彩っていく予定。