子どもたちの声が聞こえますか 書庫


子どものあらゆる問題について、具体的事例を取り上げ、
対処の仕方も専門的知識のもとにわかりやすく説明されています。
1冊1,000円、お買い求めはまちのエキスパネットまで。

■第一章 子どもの訴え■
1 子どもの問題を通して、大人社会が見えてくる
2 子どもの虐待を考える
3 いじめの問題を考える
4 若者の性の氾濫と大人の責任
5 帰る家がない子どもたち
■第二章 子どもと悩み■
1 子どもの挫折、つまずき
2 子どもとトラウマ
3 子どもと描画
4 不登校
5 子どもとチック症
6 アイデンティティ
7 子どもと死
■第三章 子どもと悪■
1 子どもの裏文化
2 魔の14歳、大人社会への反抗
3 子どもと盗み
4 子どもとウソ
5 親の手に負えない子ども
6 子どもが殺意を抱くとき
7 子どもと規則
■第四章 子どもと感情、性格■
1 子どもと笑い
2 子どもと恐怖
3 知能検査
4 本当にやさしい子は、また強い子
5 家庭ではよく喋るが、保育園では全く話さない子
(緘黙児)
6 子どものやる気、根気を育てる
■第五章 子どもと障がい■
1 障がいとは
2 障がい受容
3 障がい児と健常児が共に生活する
4 自閉症と呼ばれる人たち
5 アスペルガー障がい
6 注意欠陥多動性障がい
7 アヴェロンの野性児
8 般若心経を写経する、重い自閉症の人
9 発達の遅れと厳しいしつけ
■第六章 子どもと家庭■
1 親子って何だろう
2 子どもと家出
3 家庭内暴力
4 子殺し
5 就学を迎えるにあたって
6 家庭に代わる機能、里親制度